攻守の原則と若手中心のFC岐阜を考えてみた

決してベテラン選手が不要と言う意味ではありません。若手中心でスタメンを組んだらどうなるか興味本位でアニメーションを作成しています。

今までこのブログではビルドアップやプレスの原則、約束事について言及してきました。しかし、「そもそも原則とは何?」という声があったので解説していきます。ついでに若手中心のFC岐阜を考えます。(あくまでも僕自身の解釈です。今後、このブログ内では原則や約束事はこれから述べる事象を指します。)

熊本のシステムを参考にしてみた

先日分析したロアッソ熊本のシステムは理にかなっていて選手間の距離、配置のバランスが良くピッチを広く使ったビルドアップ、攻撃をしていました。そりゃ、強いはずだと思いました。

大木監督、何故それを岐阜でやってくれなかったのかと思いますが、岐阜での経験があるから熊本での躍進があるのだと思います。

このシステムはとにかく運動量が必要です。スプリントを繰り返せない選手には酷です。単純な考えで若手中心だったら出来るのではないかと思い、作成してみました。

ビルドアップの原則

これはあくまでも1例ですが、ビルドアップが上手なチームはそれぞれの原則、約束事があります。J3でいうと宮崎、福島、鹿児島、藤枝が思い浮かびます。いわき、松本は強いですがロングボール主体なのでビルドアップが上手かどうかは分かりません。

ちなみに、岐阜にはビルドアップの原則、約束事は無いと思います。ピッチ上の現象からは読み取る事は出来ませんし、あったらもっとスムーズなビルドアップが出来るはずです。それか、ビルドアップの原則、約束事の質が低いかのどちらかです。3バック+庄司、柏木の時は数的有利が作りやすいのと庄司、柏木の個の能力で打開していましたが、柏木離脱後、ビルドアップが出来ていないので横山監督が選手任せ(原則、約束事の無い)ビルドアップを構築していることが推測されます。

ボールを持つならビルドアップの原則、約束事を構築する事、それが出来ないならいわき、松本のようにロングボール主体でFWは体を張り、気合でボールを収めて、周りの選手はとにかく走る、球際負けない、プレスバックは全速力で行う事が求められます。

勝つにはこの2択以外ありますかね?どちらもやっていないから今治、いわきに連敗するのです。今のままでは柏木が復帰するまで試合数と同じ勝ち点くらいしか積み上げられないと思います。

守備の原則

今回は北九州を想定して守備の原則を作っていきます。

この守備の原則も1例です。近くにいる相手選手を捕まえたり、マークを受け渡したり、逆サイドに展開されないように走り続ける必要があります。そして、ロングボールが蹴られたり、逆サイドへ逃げられたら全員で全速力のプレスバックをしないと簡単に失点します。熊本のプレスバックは速かったです。素晴らしかった。

このようにプレスでも原則や約束事(細かい部分まで言うとプレッシャーをかける時の体の向き)が明確でないと簡単に剥がされてしまいます。

逆に、相手のプレスの原則を理解していないと、剥がすことが出来ずにプレスの餌食になります。だからこそ、試合前までの準備が必要なのです。過去の試合を観れば攻撃、守備それぞれの原則が分かります。それを理解し、共有した上で試合に入るのとそうでないのでは雲泥の差があります。だから僕は「準備していないと開始15分で試合が決まってしまう」と言うのです。

サッカーに正解はないが最適解はある

サッカーに正解は無いと思っています。どのフォーメーション、どんな原則、約束事でもメリット、デメリットがあります。そして、選手の能力、コンディション、ピッチコンディション、天候などにも影響されます。それらを考慮して、メリット、デメリットを差し引きする事で勝てる確率が一番高い戦術(最適解)を導き出すのです。

選手個々の思いや実績によるプライド、言語や価値観も影響するのでそれらを纏めるには監督力が必要です。攻守に渡って原則が構築できない日本代表監督のような人では選手になめられて、メディアを通して選手から監督の能力の無さを言及されるのです。

攻守の原則が明確でないと、岐阜も同じように監督が選手から信頼されなくなってバラバラになる気がします。福島戦、宮崎戦と勝っても試合後に嬉しそうな顔をしない選手達を見ると何かが引っ掛かります。上位クラブは勝った時、心の底から笑っている気がします。

僕の考えすぎで気のせいだといいのですが、、、

まあ机上の空論です

まあ、考えたところで机上の空論です。妄想に過ぎません。

ただ、今まで「攻守の原則?約束事?」となっていた方の助けになったら幸いです。様々な考え方があるので他の人の意見も参考にしてみるといいかもしれませんね。

岐阜に攻守の約束事や原則がある事がピッチ上の現象から分かる方がいましたら教えてください。

それでは、北九州でお会いしましょう!!