いわきに勝つ為に。

今治戦の後、お騒がせして申し訳ございませんでした。誰かが読んでいるとか関係なく、今後は自分の為に、自分の意見、見解を堂々とブログ書きます。自分なりのチームへのリスペクトをもって書きます。

戦える選手をピッチ上へ

僕が発信したい事はこれだけです。今治戦は戦術的な問題点はありましたが、大敗の原因はそれ以前の問題です。戦えない、チームの為に走れない、自己犠牲の精神が無い選手はピッチに立つ資格はありません。一方的なパスを沢山受け、苦しみ、多くの批判を受けた選手もいます。可哀想でした。7戦負けなしの期間、誰がチームに貢献したか考えればあの選手起用にはならなかったと思います。(現場の事情は分かりませんが、7戦負けなしの間、練習、TMは出てるし、コンディションの問題はありません。)

いわきの試合も何試合か観ました。特徴も掴みました。しかし、今大切なのは相手を知ることではなく、自分たちがプライドをもって、人生かけて戦うことだと思います。いわきは90分間すべてをかけて戦ってきますよ。「何が何でも勝つ」という気持ちが強いですよ。誰かがミスをしても他の選手がカバーします。90分間スキはありません。宮崎は一瞬のスキから失点しました。

スタメン発表から試合終了までは横山監督が選んだ11人なのでは文句は言いません。僕も応援するのみです。

いわきは戦術的に難しいことはやってきません。1人1人のデュエルで勝ち、結果的に勝利します。裏を返せば気持ちで負けない、球際で戦い続ける、プレーをやめない、イライラしない等、横山監督就任時のメンタルを思い出せば勝機はあります。

僕は、日曜日、選手と共に戦います。皆さんも共に戦いましょう!!!