ガンバ戦ハイライトから読み解く岐阜の課題

リクエストが多かったので簡単ですがガンバ戦を振り返っていきます。

連動し、きれいに崩した2得点

1点目は八戸戦Reviewで取り上げたので詳しい解説は割愛します。選手の立ち位置で相手DFのズレを作りそこを突いたきれいな崩しになっています。

2点目はガンバFWレアンドロペレイラが守備をサボったことでガンバのボランチがつり出されて失点に繋がってます。FWの守備、ボランチが飛び出ないことが如何に大切か分かるシーンです。

この隙を見逃さなかった選手たちは流石です。橋本も大外にポジショニングをしていたので仮に中を閉められても外から崩せたでしょう。ただJ3ではこの様に守備が免除?サボる?ことが許されている選手がいるチームが少ないのでボールを左右に振り、相手を広げたりスライドさせることで出来たスペースを使う必要があります。ある意味J3よりJ1の方が攻めやすいのです。

スローインのポジショニングに約束事を!

僕が1番気になったことはスローインのポジショニングです。リスク管理が無さすぎます。1失点目を振り返りましょう。

では同じような失点を繰り返さないためにはどうするべきか?

上のアニメーションのようなポジショニングをすればガンバ戦の1失点目は防げました。個人的には監督がこれをチームの約束事として作って欲しいですが、、、

小山の次の課題はコーチング

皆さん、スタジアムで小山が大声でコーチングしている場面を見たことありますか?小山の声分かる方居ますか?松本拓の声ばかり響き渡りCBの小山の声は聞こえません。岩手へ移籍した甲斐は大きな声でコーチングして味方を動かしながら守備をしていました。技術、フィジカル、判断力、サッカーIQが高いブラジル代表でもコーチングをしています。それほど大切なのです。岐阜だと本田がコーチングが上手です。パス1本出す時でも声を出します。だからパスミスが少なく安定したプレーが出来るのです。僕は本田の声を脳内再生できます。

試合に慣れてきたら次は声で人を動かすことが目標です。1試合に1回でもいいんです。どんな形でもいいんです。自分の存在をサポーターに示す為の声でもいいんです。それが少しずつ勝利のための声になるはずです。

先ほどのガンバ戦の失点に戻りますがスローインの前に岡村と松本拓のポジション移動を指示できていれば防げました。約束事が無くても個人能力でなんとかなるというのはこのようなシーンに現れます。小山がこの先ステップアップするには必要なことだと思ってます。岐阜がJ2昇格して来年小山、甲斐のCBコンビが見れたら号泣です。小山がキャプテンマークを巻いて、、、

こんな妄想はここまでにしておいてコーチングは試合全体の構造、相手の狙い、特徴が理解できていないと出来ません。彼のサッカーIQなら出来るでしょう!期待してます!

そろそろプロ初ゴールが見たいのでプロ初ゴール→ヒーローインタビュー→小山の声を覚えてサポーターみんなでコーチングが出来ているか、成長を見守れたらいいなと思ってます。

選手のポジショニングの整備を

2失点目、3失点目は直接的な原因が分かっているので言及しません。ただ3失点目に選手のポジショニングに課題があるので触れさせて頂きます。誰が外で幅を取るのか誰が中に居るのか、外で幅を取った選手が中に入れば誰が外で幅を取るのか?選手のポジショニングを整備する必要があります。

3失点目のシーンです。

この失点は一見すると岡村のバックパスのミスが原因だと思いますがそうではありません。大西がなぜ無理やり縦パスを入れたのか疑問になりました。大西は縦パスしかパスコースが無かったのです。周りの選手の立ち位置が悪すぎました。

これは3バック、4バック関係なく整備する必要があります。右に窪田、左に透馬、生地を置いている時は大丈夫ですが右の畑、左の菊池、藤岡の時幅を取る選手が居ないので攻撃が停滞します。SBが上がるならボランチにCBとSBを繋ぐ役割を与えなければいけませんがそのような現象は見られません。宇賀神は藤岡が中へ絞った時自分が上がった方が攻撃は活性化しますが、自分が上がった後のリスク管理が出来ていないので上がらないのだと思います。

横山監督は戦術ではなく個の能力で解決しています。それも戦術と言えばそれまでですが、もし窪田、透馬が移籍したらどうするのですか?怪我したら?コロナ感染したら?個人頼みのチームが昇格出来る訳ありません。選手編成がいびつなので横山監督が可哀想な部分もありますが、、、

小松社長!来年は監督の要望に応えた選手編成をお願いしたいです。そして昇格してもしなくても横山監督を手放してはいけません!

生地!気にするな。4失点目は君のせいではない

4失点目を防ぐにはこれまで述べた改善点とは少し違って難しいです。ピッチ上で判断するには訓練が必要です。

ロングボールや逆サイドにパスを出せるには次のことが頭にないと出せません。

  • 岐阜は3バック、ガンバは4バック→岐阜の両サイドの大外が空く
  • CBやボランチにマークがついている→相手の最終ラインは数的同数
  • 大西がフリーでない→相手は3人でハイプレスをしている。→その裏が空く

これらの事をコンマ何秒で整理してプレー選択しなければなりません。かなりの特訓が必要です。普段の練習で近場の味方がマークされてたらその先を見る練習をしなければなりません。逆に近場の味方が空いているのにロングボールを蹴っても繋がらないですしこぼれ球も拾えません。昨年の岐阜です。

ショートパス、ロングボールを出すには理由があります。それを監督が理解せずに奪ってから速く、とにかく前へとやってもチームは機能しません。先月までのラングニック監督のマンチェスターユナイテッドですね。

小山、藤谷には是非、この判断力を磨いてほしいです。その為には選手の配置を整えて遠くの味方を見る練習が必要です。僕が口酸っぱく「選手の配置を整えて!」と言うのは勝ちたいのはもちろんですが選手を成長させてほしいからです。環境が整ってないと選手は成長しません。横山監督、頼みます!!選手を育てれば今の人件費の10分の1でJ3優勝できます。逆に、今、監督が選手の配置を整えて、繋ぐとき、ロングボール蹴るとき、ロングボールはどの辺りに蹴るのか、等を整えればJ3優勝は夢ではありません。

岐阜市民が沢山来場予定です。

八戸戦では透馬が入る80分まで何一つ出来ていませんでした。本当につまらない試合でした。

出来ることは限られているので少しでも改善してください。試合を見れば取り組んでいるかそうでないか分かります。

上位対決!そろそろ監督が選手を救う番ですよ。