野崎コーチのMSC+Sトレーニング

2022年7月6日

本日練習見学会に参加しました。設定していただいたクラブへBig感謝です。めちゃくちゃ面白くて充実した時間になりました。野崎コーチのトレーニング素晴らしいです。

MSC+Sトレーニングによる計り知れない効果

野崎コーチはケガ予防・パフォーマンス向上を目的としているとおっしゃっていますが他にも多大なる効果があると思います。オフ明けの今日、ボールを使った練習は少なく、MSC+Sトレーニング中心でした。このトレーニング自体の強度は高いものではなく(重たい重りをあげる等はなく)、自重トレーニングでした。サッカー選手に必要な筋力を鍛えているのだと思いました。

  • 筋肉にきかせる
  • 眠っている体を起こす
  • 普段使わない部位に刺激を入れる
  • 可動域を大きくする
  • 体幹向上、バランス感覚向上

等の効果が期待されると感じました。最初は動きが小さい動作から始まり、体と対話しながら少しずつ動作が大きくなっていきます。正しい動きで行うことを重視しているのだと思いました。また、野崎コーチは選手に対して「肩に力が入っている」、「競争ではないから自分のペースで」と言ってました。フォームを確認となり、選手に無理をさせない声掛けは素晴らしいと思いました。小さな負荷を少しずつ継続的にかけるという印象でした。オフ明けいきなり高負荷なトレーニングではなくこのようなトレーニングを行うのは大事だと思いました。

もしオフ明けの練習はこのトレーニングと決まっていたら選手はオフを満喫できるでしょう。気兼ねなく旅行に行けるでしょう。野崎コーチのトレーニングは選手の肉体だけでなく精神面のケアにもなっていると思います。日曜日の夜、憂鬱になる会社員も居るでしょう。明日の仕事内容が分かっていたらオフの過ごし方も変わると思います。

スタッフによると前回の練習見学(三浦監督)ではMSC+Sトレーニングの準備はしたものの行わなかったそうです。あくまでも僕の推測ですが横山監督はコンディショニングは野崎コーチに任せているのだと思います。

決して楽ではないトレーニング

自重なためトレーニング自体は地味です。しかしチューブトレーニングを経験したことがある人なら分かると思いますがめちゃくちゃしんどいです。また、様々なトレーニングを順番に行うサーキットトレーニングなので息もあがります。体の基盤を作るトレーニングですね。ただミニゲームや走り込み、シュート練習などよりは負荷は少ないと思います。

TJは神戸時代にシュート練習のしすぎでケガしてしまったという話を聞いたことがあります。(記憶違いでしたら申し訳ございません。シュート練習のしすぎでケガした話は正確でTJだったかは少し自信がありません)シュート力が上がらない、戻らないからと言って無理したのだと思います。シュートという一つの動作で沢山の筋肉を使います。足だけでなく広背筋も腹筋も必要です。それに加えて筋肉は複雑に付いているのと、幾つもの筋肉は連動している為、筋肉の使い方も知る必要があります。シュート練習をするだけではシュート力は上がりません。体、筋肉の構造を理解し、最大出力が出る使い方を体が覚えないといいシュートは打てないでしょう。TJは必死にトレーニングに取り組んでいたのであの左足を見れる日は近いかもしれません。野崎コーチのトレーニングは筋肉の構造を理解し、反映させたトレーニングに思えました。技術向上に別角度でアプローチしてますね。

このようなトレーニングは地味で効果がすぐ出るものではありません。地道に継続することが大切です。意識高くこのトレーニングをやっているか何も考えずやるかで大きな差になります。それぞれが意識高く取り組んでいたので今後も期待できます。

最近顔を見れなくて寂しかった桐畑も元気にトレーニングしてました!元気で良かった!!

小山の大きさに驚きました!足太いし肩幅広い!期待しかありません。走りのトレーニング後は生地は楽勝で小山は座り込んでました(笑)期待の2年目の2人を目の前で見れて嬉しかったです。

長野戦チケット買いました!!楽しみです!!(全ての写真ご自由に使いください。)