完勝!鳥取戦Review

3-0での勝利!素晴らしいゲーム運びだったと思います。守備面も釣りだされたり遅れる場面も少なく安心して見てられました。今シーズン初出場、初スタメンの選手もいて試合勘がなく苦しんでいた選手もいましたが今後はパフォーマンスが上がっていくので心配しておりません。

小山の個人ハイライトを作りたいくらい攻守に渡っていいプレーがありました。昨シーズンの初出場から天皇杯予選、鳥取戦とかなり成長してます。この先、スタメン奪取するのではないかとワクワクします。

ターンオーバーの狙い

相模原戦では4バック、鳥取戦では3バックを採用しました。横山監督の狙いを以下のように考えてみました。

  • 使いたい選手を挙げると3バックがしっくりくる
  • GWの試合では3バックの藤枝、讃岐に敗戦→相模原も3バックの採用あり→控え組に3バックをやらせて相模原対策→その中で控え組の連携も上げ、ターンオーバーを可能にする。

横山監督就任時点で鳥取戦のターンオーバーは決めていたと思います。天皇杯予選がそのテスト。そこで使える選手を見極めたのだと思います。

3バックのメリットとデメリット

まずはメリットからです。

  • スタートポジションで選手間距離がいい
  • ワイドに人を配置することで幅を使った攻撃が出来る。
  • ボランチがつり出されても後ろに3人いるから失点につながりにくい
  • 最終ラインが5人なので崩されにくい

次にデメリットです。

  • 後ろに人が多いため攻撃時人数が足りない場面がある
  • 特にワイドの選手の運動量が必要
  • 前に人数が少ないためカウンターが出しにくい(前からプレスがかけにくい)
  • 相手にボールを握られるとサンドバック状態になる(昨シーズンの岐阜)

スタメンを比較すると赤と青の部分で岐阜が数的優位です。だから鳥取はSHの知久、小澤が赤の部分又は青の部分へプレッシャーをかけるのか宇賀神、菊池をマークするのか状況によって判断していかなければなりません。また、4バックの鳥取はボールを握って押し込む(宇賀神、菊池を下げる)ことも考える必要があります。これが出来ないと3バックの岐阜に押し込まれます。15日の相模原戦は4バックの岐阜がボールを持てなかったため、システムのギャップを突かれ押し込まれるシーンが多かったのです。特に後半ですね。(前半は藤谷が相手FWを完封していたためそこまで押し込まれなかった)

3バックで挑んだ鳥取戦では相手に押し込まれても強さと速さ高さがあるンドカがボールを収め、タメを作り味方が上がる時間を作ったため主導権を握れました。3バックを採用するには無理がきくFWは必須です。

試合開始直後からピッチ内でこのような攻防が起きているので面白いです。

攻守の連動性が見えた先制点

先制点は吉濱のアシスト、ンドカの素晴らしい抜け出し、シュートでしたね。あの体勢からニアに鋭いシュートを打てるのは大幹、背筋など筋力の強さのおかげですね。本人の努力と野崎コーチのトレーニング効果出ているのではないかと思います。

先制点について考察してみます。

大西のナイスDF(後ろが揃っている為、恐らくGK松本から行けと声がかかった)→菊池、吉濱のプレスバック(さぼらなかった)→TJが縦パスを受けてスペース供給→吉濱が受けて顔を上げる→ンドカがTJが空けたスペースを活用→ンドカが空けたスペースに再びTJが走りこむ。

ざっくり解説するとこのようになります。攻守が分断されることなく「繋がり」があり、ンドカとTJがお互いの動きを見て次のアクションを起こす、いわゆる「連動」することで生まれた先制点でした。そしてこの前には先制点のエサまきも行っています。

30:00~のシーンですが吉濱のロングキックでサイドチェンジを行っています。この他にも12:00~、17:30~のシーンでも右から左へ大きく揺さぶり良い攻撃へ繋げています。この左右の揺さぶりを行うことで中央にスペースが出来るのです。得点シーンでは攻守の切り替えがあり相手DFが整っていなかったのもありますが左右の揺さぶりがあった方こそ中央が空いたのです。DFのセオリーとしては中央を締め、サイドを空けるのですがサイドへロングキックがあることが脳裏に浮かび、わずかですがポジショニングが外になったのかもしれません。

逆に左右の揺さぶりが無く相手を広げずに縦パスを入れるとスペースがないためロストしやすくカウンターを受けます。悪い例が83:15~で藤谷が狭い中央へ無理に縦パスを入れました。

※訂正藤岡39→38

右へ展開した後、右で攻撃が完結しなくてもいいんです。相手を走らせて広げることが大切です。このシーンではピンチにはならなかったもののカウンターを受けて相手にゴール前まで運ばれます。藤谷の判断力では今後起用されない可能性もあります。小山はボールを運ぶ時、シンプルにサイドへパスを出す時、プレスにハマっているから裏へ逃げる時など判断力が素晴らしく、足元の技術もあります。他にも岡村、フレイレ、服部、大西(ボランチもCBも出来る)となると藤谷はうかうかしてられませんね。まずはケガを治すこと。名古屋グランパスの藤井はパスの選択が上手なので豊スタまで勉強に行くのもいいでしょう。生き残るのか、そうでないのかサバイバルです。裏を返すと非常に良い競争が行われており横山監督は誰を起用するのか悩ましいでしょうね。

鳥取の修正に対応したからこその追加点

後半開始直後53:55~の危ないシーンです。このシーンは一見すると裏を取られた大西のポジショニングが悪いように見えて大西に修正を求める監督も居ます。しかし横山監督は全体の構造を理解して手を打ちました。だからこそ同じようなピンチが発生しなかったのです。

※訂正藤岡39→38

このシーンはHTに鳥取が修正して鳥取の狙い通りのシーンになりました。横山監督は鳥取の狙いを理解してすぐに修正しましたね。10分後には修正完了していました。修正に対する考察が下図の通りです。

※訂正藤岡39→38

見事な修正力だったと思います。ただ鳥取が作戦をワンパターンしか用意しなかったことに助けられた点もあります。外回りならサイドで起点にして攻められるはずなのに頑なに中央をこじ開けようとしたので助かりました。今後対戦する上位のチームは様々な手を打ってくるでしょう。その時、横山監督の真価が問われると思います。

相手の狙いを理解して修正するから無失点な訳で、今までの岐阜の監督なら失点していたと思います。監督のレベルが上がると更に高いレベルを要求してしまう辺り、僕は欲深いのかもしれません(笑)

今後の勝敗を左右するボランチの働き

①ビルドアップ

32:51~ではビルドアップの課題が見られました。

青の部分にボランチが居ないと宇賀神の選択肢がFWに蹴りだすのみになります。そうすると宇賀神へのプレッシャーやFWへのプレッシャーがかけやすくなりショートカウンターを受けやすくなります。逆に青の部分にボランチが居ると宇賀神とワンツーが出来たり逆サイドへ展開したり、後ろに戻してやり直すことも出来ます。ボランチからのパスコースは沢山あるのでヘニキでも十分出来ます。

②崩しの課題

33:16~攻撃の課題です。このシーンのヘニキのランニングは素晴らしいです。空けたスペースを庄司やFWが活用して一度中へパスを入れた後、外のヘニキを使っても良かったです。改善点ですね。

③ボランチも絡んだ厚みのある攻撃

最後は素晴らしい攻撃です。34:55~

スローインをFWが落としてボランチ(庄司)経由で逆サイドへ展開。庄司が足を止めずに宇賀神のサポートをしてパスを受けた後ンドカへスルーパス。そして最後は自分自身もゴール前へ飛び込むという素晴らしい動きをしていました。クロスが上がるときにペナルティエリアに4人いて可能性を感じる攻撃でした。どこかのタイミングで庄司が足を止めていたらこのような攻撃に繋がらなかったでしょう。

ボランチはチームの心臓です。機能しない(走らない)と機能しません。この日は攻撃のサポート、ゴール前への飛び出し、守備どれを取っても素晴らしかったと思います。

横山監督による意識改革

試合後の宇賀神の顔を見て心配になったサポーターも居るみたいです。それほど彼は疲れた顔をしていました。J1と違ってJ3はボールを保持できない時間が長く、攻守の切り替えが目まぐるしいです。(確かJ1ではチーム走行距離が4位の湘南が現在18位です。カテゴリーが上がると走れば勝てる訳では無いのです。)J3の方が走りを要求されます。それに加えて鳥取戦の宇賀神のポジションはウイングバックなので何度もサイドを上下動する必要があります。出来なければ試合に出られません。走るか負け犬になるかの二択なのです。

「走らなければ使わない。年齢、実績、給料関係ない。」鳥取戦ではこのような横山監督の意思が伝わってきました。走らなければ勝てないのがJ3なのです。

やっとスタートラインです。他のチームはスタートしてますが長いシーズンだからこそ逆転可能です。しかし焦って上位ばかり見ているとペースが崩れます。マラソンのスタートで後れをとって焦ってペースを上げても脇腹が痛くなって結果的に順位を落とすような経験があると思います。それと同じです。首位?昇格圏内?どうでもいいです。今は関係ありません。少しだけペースを上げて走り続ければ必ず追いつけます。

浮足立つことなく、最高の準備を!

横山監督になり発信したいことが多く、長くなりました。申し訳ございません。それと前から奪いに行く守備、プレスは現在構築中ということが監督、選手コメントから推測できるので今回は触れません。