岐阜が今すべきこと(少し藤枝戦Review)

点差以上に感じた藤枝とのクラブの「差」

皆さんは藤枝戦を観てどのような感想を持ちましたか?僕は10回やっても10回負けると思いました。前半、相手の精度の悪さに助けられたものの、いつ点取られてもおかしくない戦い方でした。藤枝は選手の距離感、ライン間で受けた後の繋ぎ、岐阜の選手を釣りだした後、空いたスペースへの侵入などすべてにおいて滑らかで約束事がしっかりしていて戦術が浸透しているんだなと実感しました。選手編成も北陸大出身の横山、東海学園大学→川崎フロンターレからレンタルの神谷、帝京可児高→中京大の昨シーズン特別指定選手の久保と若手育成にも戦略が見られますね。昨シーズンの久保の活躍を見たとき悔しかったです。岐阜は何をしているんだと思いました。三木はジュビロからのレンタルです。J1からも選手を預かり活躍させる事は地方クラブにとって必須事項です。

岐阜でプレーしたい高卒、大卒選手を増やすには?

若手中心で走るサッカーにシフトといっても周りに魅力あるJ3クラブがあれば岐阜には来ません。だからこそ今やるべきことは山内彰、石坂、透馬、生地、本石、小山、松本歩、窪田、藤谷、富樫、山内寛を育てることです。今シーズンは藤澤様のおかげで最高の教科書となる選手がたくさんいます。そして小松社長のおかげで工藤コーチ、野崎さんが来てくれました。藤澤様、小松社長には本当に感謝です。結果を求めながらも若手、ケガ人、移籍を繰り返していた選手を育てる事はクラブの未来への投資だということを小松社長、三浦監督、コーチ陣が認識することです。富樫が復活したら→大けがしても面倒を見てくれる。山内寛が活躍したら→苦労人は岐阜で花開くかも。透馬が活躍したら→少し時間はかかったけど我慢強く育成してくれる。山内彰、石坂が活躍したら→新卒でもチャンスがもらえる。藤谷、松本歩、本石、小山、生地が活躍したら→大卒だけど焦らずに育ててくれる。

全員を活躍させるのは恐らく不可能です。ただ彼らはクラブの未来です。「結果が全て」と言って育成を疎かにしているとたとえJ2昇格しても定着は不可能ですし、いくらお金があっても足りません。皆さんは就職活動時、「結果が全てで過程を大切にはしない。なぜなら顧客(サポーター)の要求だから」と人事が言っている会社に就職したいですか?

結果が出なくてもいいと言っているわけではありません。課題の修正、勝てないときのリアクション、リバウンドメンタリティを出せるか、努力を継続出来るかが大切です。もしその姿勢が見られない場合、私はその選手を応援しませんし試合も観に行きません。努力は全てピッチ上に現れます。先ほど挙げたメンバーの中にも負けてヘラヘラ笑ってたり、試合前練習でふざけたり、キックオフ前のセレモニーで私語したりしていたら私は絶対に応援しません。フレイレも藤谷も三浦監督も真剣に魂燃やして戦っているからこそ応援するのです。

戦術分析に入ります。

窪田の活かし方(可変システムの提案)

今後、対戦するクラブは岐阜の右サイドを徹底的に攻撃してきます。なぜなら窪田の攻撃力は脅威だから。得点期待値が高いから。窪田の体力を守備に使わせ、疲弊させれば岐阜の武器はなくなります。藤枝戦も後半少しずつ精度が落ちてましたね。当たり前です。前半から何度も仕掛けてクロスを上げて、守備では三浦監督に戻れと怒鳴られ自陣深くまで戻りそこから攻撃をすればどんな選手でもきついです。

ではどうするか。僕は攻撃時4-3-3、守備時4-4-2の可変システムを採用します。アンカーの選手は柏木だろうが庄司だろうが本田だろうが大西だろうが気にしません。あくまでも窪田の負担を減らし攻撃に集中してもらうための布陣です。

攻撃時はヘニキがFWのサポート、山内彰はサイドのサポートですね。運動量豊富な山内彰には頑張ってもらう作戦です。選手交代で大西を入れても面白いでしょう。これで守備の負担が減れば窪田はチャンスを量産するでしょう。また、守備時に窪田を1列あげることは大きなメリットがあります。窪田は対人守備に懸念があると思う人も居るかもしれませんが(普通に上手)、それ以上にパスコースを消しながら(首を振って後ろの状況を把握しながら)ボールホルダーにプレッシャーをかけるのが非常に上手です。実際、藤枝戦では相手がGK経由で逆サイドへ展開しようとした時、窪田がパスコースを消しながらGKへプレッシャーをかけた為、GKは苦し紛れのロングボールを蹴りました。その時、藤枝の須藤監督は激怒してました(笑)。

窪田は相手の思惑、狙いも頭の中に入れながらプレー出来る賢い選手です。岐阜の1点目の起点となったインターセプトをしたのも窪田です。この守備のやり方はほかの選手も学んでほしいです。窪田の能力を最大限に活かしながら山内彰の長所も活かせます。また、攻撃時4-3-3にすることでサイドのサポートもしやすく孤立することもありません。中盤3枚の負担が大きいので、選手交代も重要になりますね。

オプションとして持っているくらいで大丈夫です。選手の役割が明確なら即興でも攻撃の形は作ります。その中で精度を高めていけばいいのです。例え、結果が出なくても大切なのはトライすること、引き出しを増やすことです。

ボランチは簡単に釣りだされるな。

修正点は山ほどありますが、言及するのは1つだけにします。なぜなら攻撃時のボランチのサポートだったり選手の立ち位置など改善の兆しが見られるからです。0だったのが2辺りまで来たでしょう。10までは程遠いですが前進することが大事なのです。欲を言えばサイドで仕掛けるときマイナスの位置にボランチが入ってきてほしいですね。ビルドアップ時の山内寛のポジショニングも良く、プレス回避の起点になっていました。窪田のクロスに逆サイドの宇賀神がゴール前で合わせるシーンもあり、厚みのある攻撃になってきました。

早急に改善してほしいことは守備時、ボランチが簡単にポジションを空けてプレッシャーに行くことです。その結果、空けた最終ラインの前でボールを受けられて逆サイドへ展開されるなどピンチを作ってます。前半、藤枝の須藤監督は何度も「ボランチ裏狙え」と言ってました。そしてこれは藤枝戦に始まったことではなく富山戦から改善されてません。「三浦監督を解任しろ」と声をあげる人の気持ちは凄く分かります。だから私はその人の考えを否定することはありません。

9:40~辺りで藤枝がライン間を攻略し始めました。藤枝のミス、精度の悪さに助けられたものの失点してもおかしくない状況でした。

分かりやすいのが26:19~のシーンです。守備がスカスカと感じる原因の8割はこの現象だと思ってます。

ボランチの庄司と柏木が背後を気にかけず簡単にライン間で受けられます。DFラインも自分の目の前に相手が居るのでそれを捨ててマークに行けません。この現象はキックオフ直後から続いており、昇格するには15分までに修正しないと厳しいですね。前半は藤枝のミスに助けられました。後半は石津が下がってボランチがつり出されないようにするシーンも見られたので三浦監督の修正力も少しずつ上がってきましたね。

藤枝の選手は岐阜の選手の間にポジショニングを取りマークを混乱させていました。全員が考えながら走っています。オシムサッカーを思い出しました。藤枝が細かいミスを無くし、精度を上げれば昇格も夢ではありません。J3の試合を生で観て一番強かった印象を受けました。

岐阜が目指すクラブは藤枝だと思います。規律、戦術が浸透し、ベテランと若手を融合させ、素晴らしいチームだと思いました。岐阜も藤枝に追いつけると思います。課題と向き合い、ベクトルを自分に向け、謙虚な姿勢で取り組めば必ず強くなると思います。今年は今まで目を背けていたこと、現実逃避していたことに向き合い努力しているので応援したいです。

クラブとして変わろうとしているから応援する

僕は選手を信じる事や選手に期待する事がイマイチピンと来ません。甘い考え方かもしれませんが勝利が重要ではありません。(勝つに越したことないけど)全員で課題に取り組み、個人の責任にせず、チームとして成長する姿が見たいです。だから課題に対して修正しなかったり、謙虚にサッカーに取り組む姿勢が無ければ試合は観に行きません。実際、昨シーズンは後半戦スタジアムに行くのをやめました。サッカーはチームスポーツで広大なピッチでプレーします。誰かがミスをしたら誰かが助け、誰か1人でもさぼれば大崩れします。組織力が試されます。誰しも長所、短所があり、それぞれの長所を活かせれば計り知れない力になります。サガン鳥栖なんてまさにその素晴らしい例です。

そして、FC岐阜はそのような組織になるための1歩目を踏み出してます。三浦監督は試行錯誤しながら前進してます。勿論、結果には満足してませんが選手の魂に毎試合心動かされます。

ミスした後の藤谷は取り返そうと必死でした。泥臭くてもいいからゴールを奪いたい気持ちが伝わってきました。藤岡、透馬は失点してもゴールを目指し、ギラギラしていました。松本は2失点した後、ファインセーブで同点のきっかけを作りました。辛い時期があったからこそFC岐阜の為に泥臭くプレーする選手が居るのが嬉しいのです。

こんな感じで僕は応援してます。「結果が全て」と言うのも良し、「監督解任」と言うのも良し。但し、誹謗中傷は絶対ダメ。昨年、柏木選手へ殺害予告があったと言うのに何をしているんだと思います。そんなクラブでサッカーしたいですか。リスペクトしながら応援していきましょう。

パナスタ行きたいので天皇杯は何としても勝ってください!!