三浦監督が手繰り寄せた大きな勝ち点3 富山戦Review

ナイス勝利!!!沼津戦の敗戦、活動休止がありマネジメントが大変難しかったと思います。その中でチームを纏め上げた三浦監督は称賛に値すると思います。先制点を許したとき「またか」、「このままずるずる行くのかな」と思ったサポーターもいたと思います。昨年までの岐阜ならそうでしたが沼津戦と同じミスを繰り返さずに修正力を見せました。

年は違いますね。流石、三浦監督です。

富山攻略のヒントを出した宇賀神→柏木へのパス

富山のフォーメーションは5-3-2で、プレスの狙いはサイドへ誘導(同サイド圧縮)し、同サイドでボールを奪うことでした。形は違いますが(狙いは同じ)、同サイド圧縮は沼津にもやられ、岐阜は対応出来ませんでした。富山戦も同様に選手の立ち位置が悪く、同サイドでボールを奪われたり、苦し紛れのロングボールが多く見られ前半の攻撃は停滞していました。

※訂正:林道→林堂

サイドを変える時も各駅停車のパスで、スピード感がなく、幅をとる選手もいなくて、相手を広げられず、密集した中にボールを入れるシーンも見られました。(特に菊池は中への意識が強くポジショニング、ドリブルも中へ中へ行ってました)フレイレはパスを出す時の視線、仕草、声の出し方などからフラストレーションが溜まっているように見えました。恐らくどのように攻略すれば点が取れるか分かっていてもどかしい気持ちだったのだと思います。

そこで打開したのが宇賀神と柏木でした。40:50~のシーンで宇賀神の自陣深くからのパス、柏木の落とし、船津、窪田(逆サイド)へ展開というシーンがあります。

このシーンはこの日初めて富山のプレス(同サイド圧縮)を回避し、チャンスにつなげました。富山攻略のヒントを「宇賀神」と「柏木」がチーム全体へプレーで示したのです。宇賀神のパス、柏木のポジショニングどちらも痺れました。

昨シーズンは柏木だけの「点」だったのが、宇賀神が加わり「線」になったのだと思いました。

得点シーンも庄司の大きなサイドチェンジが起点でした。アシストした船津はインナーラップをしましたね。前述したシーン(宇賀神→柏木のパス)ではオーバーラップしました。窪田と相手の立ち位置を見てインナーラップ、オーバーラップを使い分ける船津の賢さを見せましたね。クロスもミスキックの後ピンポイントで合わせました。船津はいい選手だし本職っていいなあと思いました。

HT明けの透馬の投入(監督のメッセージ付き)

HTでの菊池→村田への交代には驚かされました。J1、J2で実績がある菊池に代えて、今シーズン初めてベンチに入った透馬をHT明けに入れるなんて勇気ある決断だと思います。中でも外でもプレーできる菊池に代えて外からの仕掛けのスペシャリストである透馬を投入したことで外から個の力(窪田、透馬)でサイドを攻略するという監督のメッセージを感じました。

宇賀神、柏木がプレーでヒントを示し、監督が戦術を明確にすることで後半開始15分までに三点目を取ることが出来ました。正にチームで取った得点です!

また、監督から透馬への配慮、愛も感じます。透馬はプロ入りしてからずっと悔しい思いをしています。今シーズンはベンチ入りすらできず、危機感も大きいと思います。もし透馬のプレータイムが30分、15分だったらあんなにのびのびプレーできたでしょうか。結果を出すのに45分与えられるのと30分、15分しかないのでは透馬に与えるプレッシャーも違います。

選手の気持ちまで考慮した三浦監督の素晴らしい采配にほっこりしました。

富山のプレスを無力化した桐畑のキック

桐畑は前節悔しい失点をして富山戦にかける思いが強かったと思います。この試合は特にセービングが安定してましたね。シュートストップだけでなく、相手にセカンドチャンスを与えない場所へボールを弾いたり、クロスもキャッチするシーンが目立ちました。昨日は特にクロスに対する判断力が素晴らしかったと思います。

その中で僕が素晴らしいと思ったプレーが57:08~の桐畑のキックです。

富山のプレスにハマりGKまでボールを下げましたが桐畑のキックで局面を打開しチャンスに繋げました。最終的にCKを獲得しました。相手の立場だと「せっかく追い詰めてボール奪取出来そうだったのにピンチかよ」と、メンタルへのダメージは大きいと思います。現にこの2分後追加点が生まれます。流れを相手に渡さない隠れたGKのファインプレーです。

バックパスを受けたとき、沼津戦でのミスが脳裏に浮かんだと思います。足が震えて正確なプレーができないかもしれません。しかし、桐畑はそれを乗り越えファインプレーに繋げたのです。

このプレーは桐畑だけでなく控えGKの松本、岡本、大野、工藤コーチのGKチームの努力が現れたと思います。誰一人沼津戦での失点を他人ごとにせず同じミスを繰り返さぬよう練習に取り組んだのだと思います。妄想ですが居残り練習したのだと思います。でないと短期間でのこの上達はあり得ません。

監督もチーム全体の問題だと捉えて改善したのだと思います。その証に、ゴール近くでのバックパスは無く、桐畑もポジショニングを細かく修正しながら時にはワンタッチでバックパスを処理していました。ワンタッチでパスを捌くには事前に味方と相手の立ち位置を把握しなければならないので簡単ではありません。一生懸命に練習してきたんだなと感じて嬉しかったです。

嬉しい悩みとなる若手の躍動

山内寛がFWとして泥臭く結果を残し、窪田、透馬はサイドで躍動し、山内彰は中盤で走り続けましたね。小山、本石も出場し、若手のアピール合戦になりますね。と思いきや本田が途中出場で存在感を示し、途中交代の菊池もこのまま黙っていないと思います。監督は誰をどのようにピッチに送り出すか楽しみです。

僕の推しの 富樫佑太 16 も元気に練習?リハビリ?しているクラブTwitterの写真で見かけるので元気をもらってます。

山積みの課題、しかし着実に前進している

富山戦も課題盛り沢山でプレスの守備、引いての守備、3バック相手のWBの対応など挙げればきりがありません。そもそも前半飲水タイム辺りで窪田、菊池に幅を取らせ相手を左右に揺さぶっていたら先制されることもなかったかもしれません。選手の立ち位置もまだまだ悪いです。

ただ、課題はあって当たり前!課題がなく完璧なチームはありません。大切なことは課題を把握し、チーム全体で共有して成長することです。今年のチームは少しずつ少しずつ良くなっています。ベースである泥臭く走り、切り替えを早く、球際激しくプレーする事を忘れなければ課題は自然と解決されます。素晴らしいサッカーIQの選手が揃っています。

僕はこの苦しい事も乗り越えてチーム一丸となって成長する過程を見守るのが楽しくて楽しくて仕方ありません!!その先頭で言葉ではなく姿勢でお手本になる宇賀神、柏木が居ると思うとワクワクして自分は幸せ者だなと思います。

松本戦にむけて

富山での後押しは素晴らしかったですね。バス待ち、クラップ最高でした。僕は長良川で応援している気分で試合を見ていて周りの景色が違ってアウェイなんだと思い出されました。

チームはまだまだ未熟です。強いとは言えません。だからこそサポーターの後押しが必要なんです。その後押しがあるからこそ選手は自信を持ってプレー出来ます。松本戦が楽しみです。

監督、コーチ陣、スタッフ、選手ナイスゲームでした!