勝って自信を深めろ!沼津戦Preview

昨年までの負け癖を払拭する為の大きな「勝ち点3」

沼津戦は今シーズンを左右する大きな1戦となるとみています。去年、一昨年と下位のチームに取りこぼしたり、調子を落としているチームに負けるなど波に乗り切れず昇格を逃しました。昇格の目安となる試合数34×2=68の勝ち点を上回るには20勝10分4敗(70)で取りこぼしなど許されません。

開幕連敗した沼津、鳥取の後は富山(A)、松本(H)、讃岐(A)、藤枝(A)、相模原(H)、長野(H)と開幕連勝のチームや戦力が揃った昇格候補のチームとの戦いが続きます。良い流れでこの戦いに入る為に、沼津、鳥取戦は勝ち点3以上の価値があるのです。

開幕から無敗だとメディアの露出も増え、勝てなくて離れたサポーターもスタジアムへ戻ってくる、つまりJ3では異例の一万人超え、いや小松社長が口にしていた満員のスタジアムを実現できる可能性が大きくなるのです。

三浦監督、横山HCが居るので心配してませんが、この一戦はただの一戦でないことを自覚して愛鷹へ乗り込んで欲しいです。

沼津に対する強み

前の沼津についての記事でも述べましたが大雑把に言うと沼津は愛媛に似たチームです。ですので

  • 岐阜の高さを活かす(ロングボール活用、シンプルにクロス、セットプレー、ロングスロー)                  →ロングボールの処理やクロス対応に不安あり、6失点中5失点がセットプレー、クロスから。
  • 前からプレスをかける。(繋ぎで慌てる場面が多かった)

などやることはさほど変わりません。

しかし、沼津は1ボランチ、2ボランチどちらで試合に入るのか不透明でどちらも準備する必要があります。  

2列目からの飛び出しは要注意

今井監督が4-1-4-1を採用する目的はパスを回しながら2列目からの飛び出しに期待していると思います。   相模原戦4:00~のシーンではチャンスを演出していました。DF陣は頭に入れておきたいですよね

対戦時、岐阜は相手のボランチをフリーにさせない、ボールホルダーにプレッシャーをかける。相手が1ボランチ、2ボランチでもこの2点は必ず抑える必要があります。また、愛媛戦上手くいかなかったマークの受け渡しをどのように修正するか楽しみにしています。

勝敗予想

大敗後、開き直って戦うことも考えられるので勝敗予想は難しいですが3対0で岐阜と予想します。今の沼津のチーム状況はかなり悪く見え、このチームに点差を付けて勝てるくらいの力がないと優勝は厳しいので期待を込めてこのスコアにしました。

勝てるように僕も現地で応援します!!

それでは。