沼津について考察してみた

2022年3月24日

沼津ってどんなチーム?

開幕戦、第2節フルタイム観ました。その上で妄想を交えながら考察していきます。

沼津は細かいパスをつなぎながら攻めるポジェッション志向のチームです。指揮官は今井監督で今年で三年目になります。岐阜サポ向けに簡単に説明すると愛媛に似ていて愛媛より裏へのロングボールを使い、大きなサイドチェンジもあり、シンプルにクロスを上げるチームと説明できます。

ただ、何故大量失点したのか?現状を考察してみました。

理想と現実の狭間にいるのでは?

開幕節(相模原)、第2節(福島)を観て、志向するサッカーとチームに合ったサッカーにギャップがあるのではないかと感じました。開幕戦から試合中にフォーメーションを変え、試行錯誤しています。

どちらの試合も入りは4-1-4-1の1ボランチですが、試合中に2ボランチに変更しております。2ボランチの方が選手間距離も良くなり、ボールがスムーズに動き、選手も明らかにプレーしやすそうでした。

では、何故今井監督は1ボランチにこだわるのか。メリット、デメリットを上げます。

ボランチは攻撃面で前と後ろを繋ぎ、守備面では中央への侵入を防ぐ役割があります。重要な役割を1人で担うのは簡単ではありません。また1ボランチだと相手からのマークは必然的に厳しくなりボランチが簡単に機能停止させられることもあるのです。

1ボランチは川崎、世界ではマンC、リヴァプールなどが採用しているようにハマれば爆発的な攻撃力(相手陣地に押し込み、ボールを支配する)を発揮します。しかし、選手への負担が大きく個の力に依存します。出来る選手は限られるのです。(曺監督の下で、庄司はこのポジションで試合に出れなかった。)あの川崎ですら1人の選手(橘田選手)が居る、居ないでゲームの展開がガラリと変わるのです。今井監督はデメリットを自覚しながらも上振れに期待しているのではないかと考えています。

しかし、期待しているような効果は表れず、2ボランチに戻したのだと考えます。僕はこのポジションに適した選手は居ないように思えました。何より2ボランチに変えてパスのテンポが上がったりボールを握る時間が増えたのが証拠だと思います。

ただ、キャンプから用意してきた戦術を開幕戦の試合中に変更することは大きなデメリットに感じます。公式戦で試してこそ戦術理解が深まるのにもったいなく感じます。

今後の今井監督の采配に注目します。

何故、大量失点?

0-1、0-5で負けた失点の内訳はセットプレー:3、左からのクロス:2、裏抜け:1です。裏抜けは福島戦で0-4になり前がかりになって失点したものです。その他はすべて4-1-4-1の配置で失点してます。(戦術的な失点の原因はPreviewで述べます。)あくまでも憶測ですが、監督の迷いが選手に伝染して選手の判断力がわずかに遅くなっているのではないかと思います。

失点以外のクロス対応もセットプレーの守備も集中力が欠けているシーンが目立ちます。今井監督は具体的にやることをハッキリさせ(あと4試合はこの戦術で行く等)選手を送り出さないとズルズルと悪い方向へ進む気がします。(その点愛媛の石丸監督はブレずにやってますね)修正力に期待しています。

最後に

27日(日)にアスルクラロ沼津と対戦するので記事にしてみました。

DAZNで試合を観て憶測で書いているので今井監督を批判しているわけでなく1素人サッカーファンとして状況を考察してみただけです。特に感情はありませんのでご理解ください。

沼津戦Preview楽しみにしていてください。

それでは。